So-net無料ブログ作成

草間彌生 永遠の永遠の永遠 2012/1/7-4/8 国立国際美術館@大阪 (ちょっと修正&加筆) [美術館 博物館]

4月6日。
久しぶりに大阪へ。
お目当ては、
草間彌生 永遠の永遠の永遠 2012/1/7-4/8 国立国際美術館@大阪

水玉の女王と呼ばれる彼女の作品は、無数の丸い玉が書かれていたり、無数の人の横顔がかかれていたり、ちょっとほかにはないインパクトがあります。

10歳の時に母親の絵を描いた時、すでにその絵には無数のドットが描かれていました。
顔から体から背景から。

美術館前入り口にはオブジェが配置されてました。ここからすでに水玉ワールドがはじまっています。
120406_143010.jpg

エスカレーターの吹き抜け部分は下のロビーから天井までオブジェが取り付けられて壮観です。
120406_142344.jpg

パーテーションも。かわいい!
120406_142306.jpg

内部で写真をとってもいいところが何ヶ所かありましたが、みんなウキウキしながら、ポップだけどどことなくぞわっとくる作品を楽しんでいました。

作品の中に込められたものは、草間さんの見ている風景。幼少のころから幻覚をよく見ていたとのことですが、これらは幻覚というよりは、彼女そのものなのですね。
作品として昇華しなければただの幻覚かもしれませんが、彼女が見ている風景をキャンバスに落としこむことで肉体のない彼女の本体が現れるのかもしれません。
表現するための肉体と、表現する道具である肉体。
60年代、彼女はハプニングと称されるパフォーマンスを繰り広げます。
奇抜な洋服を見にまとい、そこからさらにそれを取り去り、肉体そのものまでキャンバスに。
その前衛的な彼女の作品が放つエネルギーは当時の海外の若者たちやそれらをよしとしない古い世代までをも巻き込みました。
「愛はとこしえ」(Love Forever)と唱えながら、世界を彼女のエネルギーのうねりの中に巻き込んだのです。

つい最近まで私は彼女のことをよく知りませんでした。
美術館の中にあった彼女の作品集を何気なくめくって衝撃をうけました。
今回、彼女の作品の実物を目の当たりにして、さらに衝撃をうけてしまいました。
生きることへの不安と執着。常に自殺願望にとらわれている肉体の中の彼女。

すでに83歳という高齢になりましたが、作品への情熱は今も衰えていません。
生きるということがキャンバスに向かうこと。
死にたいという気持ちを越える芸術への野望がある限り、彼女は自ら命を絶つことはないでしょう。

おそらく作品を観たすべての人が体の中に何かがうごめく感覚を覚えることでしょう。
それは不安だけでなく、愛であったり、情熱であったり、希望であったり。
とにかく何かの感覚をくすぐられると思います。
作品の放つエネルギーによって連鎖反応を起こすように自分の中に何かがうごめくような気がしたら、いつの間にか彼女の中に迷い込んでしまったということでしょう。

無限に続くこと。それは私たちにとって、希望となるでしょうか。それとも不安となるでしょうか。

私なりの解釈で作品を鑑賞し、彼女へ想いをはせてみましたが、好き嫌いははっきり分かれると思いますので、ご了承下さい。
(※画家である友人の父は彼女の絵を「病原体みたいな絵」と言っていたとのことです。確かに!(笑) )

かわいらしいのにぞわっとくる。
そのときの自分の状態によってどっちに比重が高くなるかわからない。
そのスリリング感じが私には快感です。

写真撮影可能の作品
120406_135626.jpg
<大いなる巨大な南瓜>
ロビーからエスカレーターを降りてすぐにどーんと置かれている。
圧巻!
横に並んで記念撮影する人も。

120406_131304.jpg
<チューリップに愛をこめて、永遠に祈る>
空間すべてが作品。
壁も作品ですのでお手を触れないようお願いします(笑)

120406_135751.jpg
CMでもおなじみ。auケータイのiidaシリーズ。
めちゃくちゃかわいい!でも私はソフトバンクw


おまけ。
堂島ロールのモンシュシュで期間中(4/8(日)まで)特別に水玉のロールケーキを販売しています。
120406_135334.jpg
美術館の帰りに並んでいる人も多いんだろうな。
私は時間の都合で寄れませんでしたが、後、2日しかないので、興味のある方は是非。
nice!(15)  コメント(14) 

nice! 15

コメント 14

たけ

国際美術館行ってみたいなーとか思い時々HP見てますが、面白そうですね(^○^)
水玉部屋でみんなカメラ向けてるのが、ちょっと面白い光景だなー
by たけ (2012-04-07 06:45) 

mutsugo

水玉だらけだなあwww。

でも、コンセプトがあって統一感もバッチリですな。
by mutsugo (2012-04-07 20:51) 

うりこ

確かにすごいインパクトですね。
私はどちらかと言うと穏やかな感じが好きですが、たまにこういう刺激(というか衝撃?)を受けると、また違う感覚が芽生えそう。
by うりこ (2012-04-08 08:14) 

ひよこさぶれ

>たけさん
お、意外!この美術館は結構足を運んでいると思っていました。何か興味のある展示があったときは是非どうぞ。
そうそう、水玉の部屋の光景はちょっとおもしろいですよね。
って私も写真をとっていた一人ですよね(笑)
by ひよこさぶれ (2012-04-08 19:39) 

ひよこさぶれ

>mutsugoさん
写真で紹介してる部分は本当に水玉がポップな部分だけなんですが、他のモノクロの作品などはもっとすごいインパクトがあります。
水玉でなく点のレベルです。
立体の作品はさらにインパクト。
無限に続く何かを探しているようです。
by ひよこさぶれ (2012-04-08 19:42) 

ひよこさぶれ

>うりこさん
たまには面白いと思いますよ!
なんじゃっこりゃあああああああ!∑(゚◇゚ノ)ノ
うりこさんの中に眠る、何かイケナイ扉を開いてしまいそうw
by ひよこさぶれ (2012-04-08 19:51) 

りなみ

w(*゜o゜*)w おぉ…DNAの螺旋のような、昆虫の模様のような、蓮の切り口のような(笑)…それとも、きゃりーぱみゅぱみゅ?鮮やかな色、ドットの増殖、増殖、増殖、すごい世界ですね。キュート&ポップ♪草間彌生さんには、こんなふうに世界が見えるのでしょうか。なかなか生きづらいことでしょうね。芸術に昇華、素晴らしいです。この空間に身を置いてみたいな。ご紹介ありがとうございます。


(★`・ω・´)9”ふぁいつ!!水玉からパワーをもらって、頑張りましょう。
by りなみ (2012-04-09 07:43) 

メゾピアノ

水玉、凄く可愛いですね。
感覚がPOPです!
年齢に関係なくずっとアーティストなんですね。
一度生で見てみたいです(^ ^)
by メゾピアノ (2012-04-09 09:30) 

ゆき

かぼちゃオブジェは地元百貨店でまぢまぢと見たよん。
インパクト強かったもの。

ええ⁈83歳になられるのね。芸術はいつまでたっても修行の身なのかもと思っちゃいました( ´ ▽ ` )ノ
by ゆき (2012-04-26 01:03) 

ひよこさぶれ

>りなみさん

お返事おそくなりました。
この空間にずっといると、なんかよくわからないけど、
もうどうでもいいやーっハッピー♪な気分になりますよw
明るい色の水玉って、うきうきしてくるのは私だけかな。
湧き上がる芸術への情熱。こんな風に表現できるってすばらしいですよね。
有り余る情熱を私も持ちたいです。
by ひよこさぶれ (2012-04-28 15:37) 

ひよこさぶれ

>メゾピアノさん

是非、音楽も芸術もライブが一番!?ですよね(o´∀`o)ノ
年齢は体にだけ表れるものってことですよね。
中身はいつまでも情熱の塊で!
by ひよこさぶれ (2012-04-28 15:39) 

ひよこさぶれ

>ゆきさん

かぼちゃ、すっごく見ごたえありますよね。
まじまじみちゃう、すいこまれちゃう。(´>∀<`)ゝ
そう、芸術って一生かけても本人は満足できないものでしょうから、こういう世界に身をおいて生きることは、ずっと求め続ける心との葛藤。まさに修行ですね。
by ひよこさぶれ (2012-04-28 15:42) 

ひよこさぶれ

> ひねさん
> (。・_・。)2kさん
> みー☆さん
> マチャさん
>ヒサさん
nice! ありがとうございます☆
by ひよこさぶれ (2012-04-28 15:44) 

こーひー

ひよこさん。長野県の草間さんの美術展みてきました。ひよこさんのレポ素晴らしいです(^_^)v

凄い!圧倒と感動でした。圧倒される作品を見ながら、中には可愛いとか優しさを感じる作品もありました。

ひよこさんの写真で見たことがない作品があったので、会場会場で少し違うようですね。
水玉のロールケーキは長野県にはなかったです。羨ましい。
クッキーがありましたが品切れで残念。
マウスパットと折り紙と付箋紙買ってきました。
by こーひー (2012-09-22 00:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。